お水の提供方法で水サーバーを比較

先ほども述べましたが、業務用水サーバーも家庭用水サーバーも冷水と温水が出るようになっており、コンセントさえあればどこでも使用できるという点が共通点として考えられます。また、災害時の備蓄水として水サーバーを設置することで非常災害時にも備えることができます。これらの点が比較時の共通点です。

しかし、両者を比較した際に若干異なるのが、業務用水サーバーにはお水の定額購入ができるものもあるという点です。もちろん、家庭用水サーバーでもお水の消費量に応じ、定額購入ができるところもあります。しかし、多くの家庭では3~5人くらいで水サーバーを使用するため、定額購入は比較的リーズナブルなものとはならないところが多いでしょう。この点は業務用水サーバーのスケールメリットといえます。それぞれのサーバーで前提となる仕様人数はことなり、業務用の方が家庭用よりもより大人数で使う場所で使用されるという前提になっています。

このように、業務用水サーバーと家庭用水サーバーを比較する時、共通点としては冷水や温水が選択できるという点や、非常災害などの備蓄用水として備えられるという点が挙げられ、相違点としては前提となる人数が異なるということが主に挙げられます。使用するときの状況などを考えながら比較をして選ぶようにしましょう。